白と黒と

チラシの裏

接触

皆様ごきげんよう

私は今日は久しぶりに会う友人とごはんに行くので真の意味でごきげんですこんにちは!

楽しみだな~週末のイベントに向けて荷造り終わってないし何なら始まってもないけど楽しみだな~!(人生に計画性がない女)

 

最近認知の話題だったり接触のお話がHOTだったりしてはてブロを徘徊しながらなるほどな!!って心のハードディスクにメモを取っています( ..)φ

でも心のハードディスクは信用ならないので、いつでも見返させてもらえるようにここに勝手に引用させていただきますね↓

(記事をメモ代わりにするなよというツッコミを受けそうですがどちらも素敵な記事だったので…)

 

konamon.hatenadiary.com

playme.hatenablog.com

 

メモ取らせてもらってコツを覚えていられたとしても実践できる気がしないくらい、私は接近戦というものが得意ではないのですが、皆さんいろいろと考えて接触現場に行かれているようで、すごく参考になりました…!

私が応援させていただいてる方は、ありがたいことに直接お会いして何か一言伝えられる機会がとても多いのですが、半分飛んだ記憶で書き残した過去の会話メモをみてもなんの実りもないトークしか記録されていないので今後頑張りたいなあと思う所存です…。

二日連続とかでお話しする機会があってもガッチガチに緊張して会いに行くのってある意味たぐいまれなる才能なのではないかと思わなくもない。あんたすげーよ*1

記事を拝読しながら、自分は何をメインに会いに行ってるかなあとか、何を伝えたくて行ってるかなあって考えたんですけど、だいたい推しさんの現場の接触(もしくは接近)はトークイベントのおまけなことが多いので、トーク聞いたらだいたい満足で、「何々を言うぞ~!!うおー!!」って意気込むこともないし結構ふわっとした意識で参加している気がします。

そもそも何度も言ってるけどただの現場厨で接触があるから行くとかではなく何の現場でも行きたいキモオタだから、接触することで何かを達成したいとかいう欲は特にない…。

あと何か伝えたくて意気込んで行ったとしても、緊張して言いたいことの半分も言えないので、基本「ありがとうございます」「楽しかったです」「嬉しかったです」「また〇〇行きます」くらいのことを言い逃げすることに…超モブ…

ちょっと緊張がほぐれてると、「今日の服いいね!」とか「〇〇が面白かった!」とかの感想をぶつけて「ほんとに?ありがと~~!」をもらって帰るオタクをやっています。でもお二方の記事読んで今度から何か簡単な質問をぽんぽんっとできる人になりたいなあって思いました。まれに聞きたいこと思いついて返事が聞けたときはすごい達成感あるんだよなあ。

あと、緊張しいなので、複数回チャンスがある現場はすごくありがたいです。複数回ある時は本当に毎回一回目は捨てる気持ちで行っています。ありがとうしか言えないこととかザラ!もったいねえ!!!笑

だから複数回行けるときは複数参加します。キモオタなのは事実だから周回して引かれてもいいんです*2。一回で喋れなかった時のための保険があると一回目もちょっと緊張がほぐれる気がする…(気がするだけ)

推しさんは「言いたいことあると思うから」ってお客さんが言うことを黙って見つめて待ってくれるタイプの方なので、自分がしゃべりかけないとマジで事故になるんですけど、事故ってもまあ目で語ればいいかくらいのメンタルになりたいですねえ…。

実際事故ると終わった後めっちゃへこむんですけどね…。あっでも最近はさすがに慣れたのかリカバリできるようになりました!沈黙せずにいられます!私ちょっとは成長してる!はず!笑

がんばれわたし!まけるなわたし!!www

 

最近、向こう側の景色を想像してみたりするんですけど、ベルトコンベアー式にいろんな人が10秒とか5秒とか…短い時間に話しかけてきて、それと同時に握手とかハイタッチとか、または特典物を受け渡ししなきゃいけないって思ったら、ちゃんと顔みて、言われたことに限られた時間の中で返事するってだけですごいことだよなあって思います。

私なら言われたことに反応するだけで精一杯だし、何百人といたら絶対顔なんて覚えられないです。

でも推しさんは周回すると結構気づいてくれるので、めちゃくちゃすごいなあ~って思います。どういう記憶力なの!?すごい。意味が分からん。

お客さん側が何回目ですって申告したことにそうだねって返すのは簡単だと思うんですけど、そうじゃなくて推しさんのほうからそういう話を出せるのって相当自信がないとできないことだと思うのでマジで尊敬します。

私はそういう短期記憶だけじゃなくて、たぶん長(中?)期記憶というか「顔は見たことある枠」にいれていただいてるみたいなんですけど、前述したように会話は完全にモブなので、モブやってても推しさんの海馬の片隅に残れるなんて、推しさんの記憶力どうなってんだって思います。笑

でも、フォロワーさんから又聞きで「覚えてもらいたいけどなかなか難しい」って方もいるとお聞きしました。最近は本当にたくさん直接対面する機会があるから、機会があればあるだけ「初めまして」の人は増えると思うと、覚えられたくてインパクトを残す言動をしても記憶に残らない人というのは生まれてしまうものなのかなあ。

推し始めたタイミングがよかったのか、なんか覚えられる要素があったのかはわからないですが今後も推しさんの海馬に刻まれていても恥ずかしくないファンの行動をしていきたいです。(いつもの結論)

といってもただの薄い顔認知なので認知のにの字にも引っかかってないかもしれないですが!名前覚えてもらおうとか、確認しようとかしたりしないから、顔以外の要素が覚えられてても気づけないのもある…

もし色々がっつり記憶してたらいつまできょどってんだよこのオタクって私が推しさんなら思……しんどいな…この話はやめよう…

引用させていただいた記事にもありましたが、あんまりハードルは上げず頑張りたいですね!残念ながらまともに喋れないのがデフォだから日本語喋れたら御の字にしようね。

質問したいな~とか最初のほうに言ったけどそんな高度なことをしようという気持ちはよくないかもしれない。失敗のもとだ…!目標は低め…低めが大事…

 

さーということで?接近戦(しかもめちゃくちゃ連戦)が目前に迫っていますが、メモしたことは実践できるのでしょうか…不安です…オラにパワーをくれ…

*1:突然の滝口さん

*2:開き直るな