白と黒と

チラシの裏

戦場

こんにちは~~~!元気でーーす!!!!(聞かれてないのに答えるスタイル)

もう今年2ヵ月切ってるって…マですか? マ??!!?!?やべーな。

 

そんなこんなで?今年もやってきますね!

乙女の祭典…という名の…

阿鼻叫喚ゴリラファイティング…

いわゆる戦争ですね…

(勝手に戦場扱いしてすみません。でもまあまあ事実ですよね)

 

私はというと人権*1があったりなかったりするので、人海戦術を駆使しつつ己の体力を犠牲にしてなんとかかんとか会場に入ることが今年の目標です(低すぎる目標)

毎年この祭り関連では自分の不甲斐なさに病みに病んでるんですけど、そろそろちゃんとお金に物を言わせた方がいいということを学習しました。

去年5k弱をドブにすてる覚悟は決めたけどまださすがに30k弱を捨てる覚悟は出来てなかった。自分マジで不甲斐ない。反省です。

いやおかしいだろもっとどうにかならんのかこのシステム。どうにもならないんだろうなあ…。

今年は一昨年に比べてもやばいオブやばい、激ヤバクソワロリンヌ(もう何が何だかですねリズムで喋っててすみません)な日程が推しさんに課されてるんですけど…

推しさんがクソ忙しければオタクもものすごく忙しいんだけど大丈夫かい?正気かい?これはなんの戦いだい?誰と戦っているんだい??みたいな気分です。

去年もニ日間開催のうちの一日だけか~なんて舐めてたら、もうどうしようもなくなった段階で追加情報解禁されて無事死を迎えたんですけど、今回はまだ首の皮一枚繋がった状態で今日を迎えてるので一応去年よりは進歩した、したということにしときたいです。しかし前述したように体力との闘いが待ってるので自愛しつつ頑張りたいと思います。

でも色んな先駆者の友達もいるしぼっちじゃないから勝てるね~!もう勝ったようなもんだね~!!!!完全勝利~~~!!友達ばんざーい!!!ありがとうございますよろしくお願いします!!!(私信)

 

もはや何のためにそこまでがんばるのか…何を求めて戦うのか…みたいな段階に来てるような気もするんですけどただただクソみたいな現場厨だから、そこに山があれば登る登山家のように、そこに現場があってチャンスがあるならばトライせずにはいられない、そんな感じで生きてます。

たまに行きたいよりコンプしたいが勝ってたりするのかな~とか自問自答はしますが、私の中の現場厨魂が「うるせえ行きたいから行ってんだよ!理由なんかねえ!」と叫ぶのでそのソウルに従ってみようと…思っています…しかしいつまでもつのか…

我ながら思考がやばいオタクだけど、ここ10年くらい振り返っても正常な判断ができていた過去は見当たらないので、まーもうしょうがないっすね!

チケ取りしんどい~って気持ちとかはまだ沸いてないからたぶん平気です。あとえーこれ面白いかなあ??って疑問に思いながら申し込んだりもしてない。CDとかもそう。どんなんかな~ってわくわくしながら予約してる…私推しさんの提供するエンターテインメントに全幅の信頼寄せてない!?めっちゃ好きじゃんびっくりした!(?)

 

あっでも好き好き全肯定!ってわけでもなくて、最近推しさんがやったクッソしょうもないことでキレ散らかしたりはしました。

あまりにキレたので手紙に苦情入れようかとか考えたりしたんですけど、どうせオタクが手紙書いたところで響かないの明白だし*2くだらない内容にしかならないので一旦冷静になろうと思って先日は手紙をプレボに入れることをやめてみました。くーるだうんくーるだうん。

直情的には書かないと決めたけど、一応手紙に書くことを想定して何が気に入らなかったのかを真剣に考えてみたんですけど、ちょっと重度にオタクやるようになって、推しさんを綺麗なものと思ってみようとするフィルターがかかってたのかもな~って結論が出ました。

そういえば推しさん全然上品な人間ではなかったし、ただの目立ちたがりだった。配慮とか期待する方が間違いだったわー!笑

(disにしか聞こえないかもしれない…嫌な気持ちになった方がいたらすみません)

だからやったことに対しては納得というか…あーそういう感じだよねって諦めはついたんですけど、不快に思った気持ちは消えないので、もう二度としないでくれって声はあげたいな。次の現場では普通に手紙書こうかな!読むか知らんけど!

 

そもそも私は戦場に無事行けてなおかつ戦果を挙げられるのか!!?こうご期待です。

*1:目当てを手に入れられる入場券

*2:推しさんは頑固なので