白と黒と

チラシの裏

いつまでも

いつまでも、推しさんの活躍を眺めるファンでありたいなあって最近しみじみと思います。

推しさんの存在を知ってから3年くらい、推そう!と動き出してからは…えーとたぶん1年半くらい…が経過したのですが、これまでの私にしてはありえないくらいの熱量で応援してて、たぶんもうしばらくこの熱は収まらない気がしています。

自然と見つめていたいなーって思わせてくれてる推しさんって素晴らしいなあ~。

私の最近の傾向として、はまり始めて1年くらいはすごい現場行く→だんだん疲れてきて現場も作品も吟味するようになる→熱落ち着く…的な、熱しやすく冷めやすい、テンプレイナゴオタクみたいなはまり方だったんですけど、今回ははまり始めてるのに気づかないふりしてた期間を経て*1徐々に熱上げていって知らぬ間に爆発した感じで、今までと空気がちがってて…この熱がこれからどうなるのか読めず…がっつり追い始めてから1年以上経過したけど熱量がむしろ上がっている…。不思議な魅力に憑りつかれている…!

私の人生で初めて好きになった元推しさんはちょっと惰性で観に行ってた期間も含めると7年…?くらい動向を追ってたので、ここ数年の推し遍歴は自分の推しを探す模索期間だったのかなあとも思います。振り返ると本当に推しが定まってなかった。

その時はその時で全力注いでたけど、自然と落ち着いたから不思議だなあ…。

そういう推し方を近年続けてきたからこそ、今のこのパッションがいつまで続くんだろうって不安もずっとあって。

いつまで推しさんのこと飽きずに観てられるんだろう?

いつまで推しさんのオタクやってますって言えるかな?

って常々自問自答してます。

結婚したからオタクやめるとか、推しの仕事の方向性についていけなくなったからやめるとか、ただ飽きたからとか、周りのファンが嫌だからやめるとか。

色々理由はあるけど、その「理由」が「推したい気持ち」より上回るものだったときに、オタクをやめるときが来てしまうわけで。

そんなときがこなきゃいいなあってずっとずーっと不安。

初めて大好きになった元推しさんは、受けるお仕事が私の好みじゃないのばっかりになってしまって、あんまり好きじゃないものにお金を使うこと疲れてしまったタイミングで当時の推しさんの普段の姿勢にも疑問が出てきたりFCがクソすぎたり色々重なって冷めてしまったんですけど、そういう悲しいお別れがこなきゃいいなあって思います。*2

推しさんが好きで、推しさんのお仕事を好きでいられる自分のままでいたい。

 

今まで応援してきた人にも思ってることではあるんですけど、できるだけ長く役者さんを続けてほしいなっていう気持ちが強いです。

その気持ちには役者さんとして食べていけるだけの人気を保ってほしいって気持ちと、この仕事を続けたいって思い続けてくれてほしいって気持ちが合わさってます。

当たり前の話だけど、いくら人気が高くても、お仕事を続けようって思わなくなってしまったら、私がずっと大好きのままだったとしても推しさんの活躍は観れなくなってしまうんですよね。

大好きだ、続けて欲しいって想いを注いで、お金を使っていたとしても、自分ひとりがどうこうしてるじゃもちろん足りないし、自分みたいな人が他にたくさんいたとしても、突然おしまいはやってきたりするんだってことは忘れないようにしたいなあって思います。

だから、「今度でいいや」はできるだけしたくないなとも思います。

それは、その瞬間の推しさんを見逃したくないっていう意味でも「したくない」だし、自分がこれから先どうなるかなんかわからないっていう意味でも「したくない」です。

これから先、飽きてしまうかもしれないっていうのもあるし、いつまで私が元気に推しごとできるかもわからないから、「あの時ああしてればよかったなあ」って思わないようにしたい。

つい最近も秋に開催されるイベントのチケット取ったんですけど、「秋まで健康に生きねば」って思いました。笑

クッソ重いんですけど、もはや推しさんは生きがいなので、遊びじゃねーんだよ!みたいな感じですwww遊びなんですけどね!!

 

遊びじゃねーんだよ!って言ってるけどめちゃめちゃ楽しんで生きてます!!推しさんの活躍をみるのほんと楽しい!!

推しさんが提供するものから何か受け取るのも、推しさんへ何か発信する*3ことも楽しいです。幸せなオタクだな~。

たまに何か余計な雑念が出てきたりすることもあるんですけど、この楽しいな~!!って気持ちも忘れないようにしたいものです。

楽しくなかったら趣味じゃないしなー!

 

 

最後に取ってつけたみたいに推しごとの報告するんですけど、ちょっと前に接近戦してきました~!!

私は戦隊ものでいうところの雑魚なので、レンジャー勢ぞろいの戦い*4だったから戦う前から負けてるみたいな気持ちだったんですけど、数か月前の反省を生かしてちゃんとお話(というかただの言い逃げ)が出来ました!ほっとした…。

人は反省をバネに成長できると知れました。今後も成長したい。

接近イベ行く度に改めて思うんですけど、やっぱり推しさんは猛者だなあと感じました~。推しさんのおかげで見事なスムーズ進行だったと思います。

いつも推しさんは配布物の渡し方が完璧なんですよね!ちゃんとお客さんを見送ってから、次来られるお客さんが目の前に来るまでに配布物の用意してる!お客さんの言葉への反応もしっかりしつつあれはすごい…!

ラジオでも誰かがおたより読んでる間に次のおたよりの準備とかしてるけど、ちゃんと話は聞いてるから本当にスペック高いというか器用というか…尊敬しきりです。

 

そんなこんなで、また「推せる!」と思って帰路につきました。推しさんは推せます。

これからも、推します。笑

 

 

*1:現場はちょこちょこ行ってたし出演作も地味に買ってた

*2:とは言ってるけどお芝居は好きなままなので好みの演目で舞台に出る時があったら観に行ってます

*3:手紙書いたりメール書いたりとかそういうやつ

*4:複数VS私という意味です