白と黒と

チラシの裏

軽率イベンターの日常

ごきげんよう!皆さん元気に推しごとされてますか!?

私はというとなかなかに忙しいです。毎週。でも量産型R-1*1のおかげもあってクソ元気です。

ちょっと軽率にイベントの予定入れすぎたかなって…スコシ反省シテル。スコシダケネ!

 

全然知識がないけど、チケット取れるなら&推しさんの現場がないならって今月2現場にホイホイ行ってきました。今更ながらに感想かきます!

私の推しさんを把握して下さってる方は察していただけるかと思うのですが、自分的神推しコンテンツがおしまいを迎えてしまったので…言うなればこの記事は現実逃避です!

更新時期的にアレの最後のアレの記事かなって期待してくれた方が万一いらっしゃったらごめんなさい!また落ち着いたら書くよ!たぶん!知らんけど!

 

 

■接待をする男性がいる飲酒店を題材にした舞台を観に行った編

名前ぼかしすぎて何が何だかですね笑

自分が舞台俳優オタだった頃から定期的に開催されているのは知っていましたが元推しはかかわりがなかったし行ったことはなかったので、システムとかを知り合いから聞くたびにえげつない搾取コンテンツだ…と震え上がっていたのですが、お話自体は面白いんだよ~今回はお歌たくさん歌うよ~と教えていただいて、お友達に誘われて軽率に観に行きました!

 

面白かった!(語彙力ゼロ)

 

お話は深く考えるな!感じろ!って空気で全編通して勢いで乗り切るの最高だったし随所でメタいし、色々突っ込みどころしかないんですけど、くだらないコメディ作品超好きなのでめちゃめちゃ楽しみました。(口が悪い感じになってますがめちゃくちゃほめてます)

某高層ビルみたいなお名前がついた役の方の日替わりっぽい地元ネタアドリブがすごいツボだった~~~!!ン゛ン゛~~~~!とてもいいでしゅ!!!

お歌もみんな上手で、歌詞とのギャップがwwww面白すぎたwwwww歌唱力の無駄遣いってこれのことだーーーって思いましたww

あと中の人によるタッチネタはだめでした。一人でツボにはまって大笑いしてしまいました。他の方そんな激しく笑ってなかった恥ずかしかった笑

そういえば雑魚の皆さんはおろか2~6位の方も全員殺されたっぽいけど1位の人しか生き返ってなくね?えっ他の人は??とか色々考えたんですけど考えたらだめですよね。うん。

あんなに勢いで押し通す感じの舞台なのに、裏で壮絶なドラマがあるっていうのがあの舞台の醍醐味ですよね。外野だから面白かった~で済んでるけど、毎日リアルマネーが動く壮絶な戦いが繰り広げられているんだよなあ…。

観に行く前にシステムについてとか企画の日がどうとか、色々教えてもらっていたので、二幕冒頭はすごくドキドキしてしまいました。

だいたいどなたがトップに立つのかは事前に予想できるとはいえ、その日トップにしようという流れになっていた方の名前が呼ばれたときはほっとした気持ちになりましたし、縁もゆかりもないですが応援してこられたファンの方たちのことを思うとじんとくるものがありました。

当日にならない二幕のメインキャストが決まらない、それを決めるのはお客さんの人気投票ってすごいシステムだなあと思います。そしてお客さん同士の戦いもさせるところがえぐい。

きっと題材元はもっとえぐい札束の殴りあいが行われているのでしょうけど、それを題材にした作品でお客さんに強制的に疑似体験させるあのシステム考案した人は本当に頭がいいなと思うけどいつか刺されるんちゃうかって思います。笑*2

はてなでも話題になってましたが、今回の公演の順位云々の動きは渦中にいたら該当のキャストさんもそのファンの方も本当にしんどい案件だったんだろうなあと、外野ながら心臓に負荷がかかりました。正攻法でお金を注いだ数の勝利だから誰も悪くないがゆえになんとも…ですね。

元々個人プレイで戦ってたのが企画という協力プレイに自然となった時点でいつか数の暴力みたいになるのも道理ってやつだったんですかね…。全員トップにっていう気運になるのもわかるし、でもずっとその日に向けて愛を注いでた方たちの気持ちもわかるし…はーーえぐいな~~~~。

やっぱあのシステム考えた人一回刺されるべきですわ。うん。

でも推しに「これだけお金使えるんですよ私は!愛(物理)これだけあります!」って誇示できる機会と考えると画期的ですよね。惜しみなく注ぎたくなるだろうなあ…恐ろしいなあ…。

推しさんがもし(ないけど)あの舞台にたつとしたら、どんな感じになるんだろうなって考えたんですが、一位取りたい!って冗談めかしていいつつもファンの人には「無理しないでね><」っていうタイプかなあって思いました。推せるな~~(想像の中の推しさんに沸くキモオタ)

自分が舞台俳優さんのオタクだったら(破産しそうで)恐ろしいから出てほしくはないな…って気持ちは変わらないのですが、出たらきっとファンの方と推しさんの絆が深まる舞台なのだろうと思うので、観てない方には敬遠されがちなのがちょっともったいないコンテンツだなあと感じました。

今後もシリーズとして続いていくようですし、また行ける機会があれば行きたいなあと思います!

誘ってくださったお友達に感謝です~~!!

 

 

■某王国の謁見見学編

この王国の雰囲気が好きすぎて、定期的に謁見見学行ってるんですけど*3、先日も参加してきました。

通いすぎてスタッフさんに顔覚えられる勢いでまずいなって思います。基本的に悪いことしてないから別に覚えられてもいいんですけど接近前にスタッフさんとひと盛り上がりするのちょっと意味わかんないですよねワロタ

しかしながらパーソナルな話聞くのはやっぱいいもんですねえ…!あと好きではあるけど推してるってほどのパワーはないので、接近は比較的緊張せずに臨めます…比較的、だからすげえ緊張してるんですけどね。うん。マジで緊張しいだからだめ…。

定期的に開催されているこの王国のイベント、MCは開催地によって変わるんですが今回は久しぶりにMCの担当が王国内の一番偉い人だったんですけど、去年別の開催地であったイベントでMCやったの以来です~…って話してるの眺めながら『その現場私居たわ…』ってなったのが個人的に一番面白かったです。そのMCの方のお話の仕方めっちゃ好きなんですよね~~今度イベントあったらMCの方にファンレ書こうかな。笑

トークコーナーではゲストのふたりの属性が似てるが故の仲の良さみたいなものが会話の端々ににじみ出てて微笑ましいなあと思いました。会話の中身はだいぶすさんでたけど。笑

作品の冠がついてないイベントって普段の空気が垣間見えていいですよね。めっちゃ好きです。スタッフさんのアドリブで繰り出される演出もすごい好き。

あとこのイベントの朗読コーナーがめっちゃ好きなんですけど、今回の脚本がお話自体すごく面白くて素晴らしかったです。推しさんのイベントの脚本も書いてくれないかなあ…

夜の部は朗読のコーナーに入るまでの流れが完璧で神イベにきたな今日は!!ってめっちゃテンションあがりました。いいものみせていただいた!!

…ちょっとぼかして書いたらなんも伝わらない文章になりましたすみません…。

なんせふたりとも推せる!!!ってところしかなかったので、私の中の「機会があったらお金を落とすリスト」にリスインしました。間近でみたらお目目キラキラで素敵だったな~若い!フレッシュ!しっかりしてる!愛でていきたい!ってなった。笑

DDはこれだから…とも思うけどいいものはいいし、いいものにはお金をお支払いしたい。使ったお金は後から取り戻せるはずだ!の精神を大切にしていきたいです。

は~~~推しさんも謁見呼ばれないかな~~~~!!海外でもいいよ行くよ~~~!

 

 

わりと書きすぎたんですけど、最後に推しさんの話しときます!推しの話がついでってどういうことやねんて感じですけど、なんせ今はちょっと現実逃避したくて…また次の記事あたりでがっつりかけたらかけますので…(何の言い訳なのか)

 

もはや時期を逃した話ですが、今年も推しさんによる、チョコいらないよという熱いアピールが各所で行われました!ドンドンパフパフ~!!

例年いらん!ってアピールをにやにやして聴いてる*4んですが今年も熱かった。

あの激しいアピールを丸無視してチョコを贈るオタクはどの程度いるのか、常々気になってます。まあプレゼントなんて自己満足だから贈ること自体は良いと思いますが!

私もチョコは絶対送らないと決めてますが、何か送りつけたい欲は向上しつつあります。ですがいざ何にしよう?と考えるとなかなかやっぱり思い浮かばないですね…。

手紙のクオリティをあげるところから考えた方がいいのかもしれない…。

皆さんの手紙やらプレ話やらを眺めてはかける情熱の深さにほっこりしつつ羨望のまなざしで見つめる毎日です…。

 

*1:前回記事参照

*2:たぶん笑い事ではない

*3:いつから行ってんだ?って調べたら最初に行ったの4年前だった。こわい。

*4:嗜好がちょっと歪んでいるという自覚はあります