白と黒と

チラシの裏

源泉かけ流しのお湯が好き

今回の議題はずばり「〇〇沼」という言葉について!です!

若手俳優さんの界隈では公式が提供する沼落ち動画なるものもあるそうですし、「〇〇さんは沼だわ~~」とかいう言葉ももはや一般的ですね!

私もその言葉を借りると推しさんという沼にずっぷりはまっています!

しかしながら、自ら入っておいて沼という表現はどうなんだ?って思わなくもない!

  

沼なんて汚いこと言わないで泉だから

 

とおっしゃってる方もいるみたいですね!(勝手に晒してすみません)

なんてきれいなんだ…泉…清流湧き出る泉…確かに沼より泉のほうがそれらしい気がする…推しごとすることで綺麗で尊いものをいただいている感覚…わかる…。

 

以前「沼じゃなくて温泉だよ!」っていう主張(?)したツイートがバズってた時期もありましたよね。

かくいう私も推しさん、というか推しごとすることは温泉につかることだと思ってます!

推しさんを応援することで

・心ぽかぽか (温浴効果)

推しさんに会うために健康を維持する (健康増進)

・精神的疲れが取れる (疲労回復)

・カロリー消費 (推しに会うのに備えて減量・推しを観に行くために全国遠征)

などなど、たくさんの効能があります!!!

これは!!!温泉だな!!!!!!!間違いない!!

 

いろんな人が浸かりに来るっていう面でも温泉って言いえて妙だなって思います。

あんまりたくさんの方が来ている(応援している)わけではない温泉なら、常連のお客さん同士も顔見知りになったりするし、温泉の中でバタ足するような客(厄介)がいたら迷惑がられるのも一緒だなあって!

温泉の人気と受け入れられる容量(会場のキャパとか…)のバランスがとれなければ入れなくて困る人も出てくるし、湧き出る源泉(推しさんの活動)が減ればこれじゃ入ってても寒いから他にいこうってなる人も出てくるだろうし。

温泉の素(テレビの放送とか)で満足する人もいるし、温泉に絶対つかりに行く!っていう人もいるけど、「その温泉を好き」って気持ちはどちらも持ってはいるんだろうなって思います。

舞台俳優さんは温泉につかりに行かないかぎり温泉に入ることはできないけど、声優さんはお湯(作品)がCDとかゲームとかの媒体で好きな人の元に届くから、温泉のつかり方?がいろいろですよね。お湯を取り寄せてお家の風呂釜に入れて楽しむ人も温泉を楽しんでることには変わりないですもんね。

イベントも朗読劇だったりトークショーだったりライブだったりいろいろありますが、接触イベントは、温泉によるサービスデーかなって思います。その日来た人にはいつもはない肩もみマッサージが付きます!みたいな!

だからこそ、いつも通ってる人にとったらサービスデーにしか来ない人はマッサージしてほしいからくるの?温泉に価値はないの?って思ってしまうのかなって。

私はお湯の取り寄せもできるだけしたいし、温泉につかりに行きたいしサービスデーも喜び勇んで行きたいタイプのオタクなので、作品はできるだけ摂取するし、推しさんがでるイベントに足しげく通うぞ!って思ってます。

通う客がいなきゃ温泉はつぶれちゃうし、いっぱい通う人が増えれば改装して立派な温泉になるかもしれないから、できるだけお金を使いたい。

改装(売り方の方向性が変わる)して好きな気持ちが減ってしまったことも過去にあったのですが、今の推しさんはどういう改装したとしても受け入れられたらいいなあって思います。あまりに入湯料が高く(作品数が増えて課金先が増える)なってしまったら全然追えなくなるのかなあ…でもそれだけ人気なのはうれしいなあ…。私はずっとがんばれるだろうか…!

でもでも、前提として温泉には元気になりに行くので、温泉行くためにお金を使いすぎて生きるのが難しくなったら本末転倒だからやっぱり適度に!がいいですよね!(結局毎回この話になる)

 

追記:最初に公開した時には書き忘れてしまったんですが、温泉の素(つまりお金はかけない)だけで楽しんでいるひとはそれはそれで「温泉の素だけで、あの人は温泉はいった気分になれるんだ…コスパいいなあ…お金出せば(イベントに限らずCDとかいろんな媒体で)もっと楽しめるのにな」って思うだけで済むんですけど、「なんで近所に温泉ができないの!(イベントを地方でやらないの?)私のために温泉掘りなさいよ!」と言っている人が多い…ここが「茶の間」が嫌われがちな要因だと思います。

お金をかけない人ほど「この温泉は儲からなかったので廃業です(芸能界引退)」ってなったら「えー応援してたのに~」って言いがちなイメージ。

本物の温泉の素買うのもタダではないし、テレビとか無料で聴ける推しさんの声がただの「素」っていうのもちょっと語弊があるんですけど、やっぱりお金を払うのが正義だし経済活動の根本だと思うので…お金が出せないならお金を出してる人に文句いったり温泉に文句言う権利はないよ。黙ろうね。って思います。

 

あと、“自分の場合は”なんですが、好きなもの(作品とか俳優さんとか…)への情熱って下火になることはあっても、全然興味がなくなることは少ないので、感覚としては「色々な温泉が楽しめる大型温泉施設」の「今一番ハマっている温泉」が推しさん。というイメージです。

昔好きだったものが知らない間にリニューアルしてたら「おっ」って思って入りに行こうかなって思うし、うっかり他の人の温泉につかりに行ってしまったがゆえに推しさんの温泉に入り逃す(イベ被りして推しイベ逃す)とか…たまにある…。

推しさんの温泉の清掃日(イベントとか発売とか云々がない日)は他の温泉に入りに行きたい温泉好き。みたいな感じ。

たぶん推しごと全力でやるためには、(イベ被りとかもあるし)一途に追うほうが効率がいい?と思うんですがクソイベンターなのでうまいことこれからもイベントに行く人生送りたいです!温泉大好き!(ダブルミーニング

 

そろそろ温泉という言葉がゲシュタルト崩壊してきたし、なんだか何が言いたいんだかわからなくなってきました…以前書いたようなことをひたすら温泉に変換して書いただけのような気がする…この辺でやめます…。

 

温泉みたいにあったかい推しさんを応援する、推しさんにとっての温泉みたいな存在になりたい。

以上です!!たとえばっかりで読みづらくてすみません!!