白と黒と

チラシの裏

簡単で軽率な女、刹那的に生きる

 

推しが出ているコンテンツ(一部)に嵌れない話 - 日々のいろいろ

 

こちらの記事拝見しました!引用失礼します!

わ、私結構簡単な女かもしれない…です…。

 

リアルイベント大好き人間なので、イベントありまーす推しでまーす!って発表あったらとりあえず申し込み時点で触れたことないコンテンツでも行きたいといい出すクソ野郎ですが、

クソな自分をちょっとでも正当化するために

・一切知らない状態でリアルイベには行かない、行くなら少しでもそのコンテンツに触れる。(知ってたほうが絶対楽しいから)

・可能ならば少額でもお金を落とす。(罪滅ぼし課金)

っていうのを自分ルールにしてるので、リアルイベントに行く前に、ちょびっとかじる程度にはなったりしますが予習します。

そしてだいたい「面白いな…」って気づいて、なぜ早くかじっとかなかったのかと後悔します。

イベントまでの短い期間じゃ万全の態勢で臨めないことが多いことのほうがむしろ悩み…コンテンツを知ってる人間だけにしか伝わらないネタを予習できてるとニヤッとするし予習範囲外だと悔しい!ってなる。

あと、イベント行ってやっぱり面白くなかったな~って思うことって全然なくて。キャラクターをあまり知らないまま朗読劇とかを観ることになっても、このキャラいいな、とか、推しさんのキャラ予想より〇〇なところあるんだな?!とか新たに知れてハッピーになるタイプ…。

なので、イベント行って後悔したことはないです。後悔したことないので、イベント行けないと発狂しそうになります。

行った後悔*1は一瞬、行かなかった後悔は一生。です。

 

とは言っても、やっぱり興味の薄いコンテンツはどうしてもあります。

でも興味があんまりないと最初から触らない*2ので、面白いか面白くないか判断する前段階?のまま保留されるんですけど、なんせ一度触れたら、クソアニメだろうがなんだろうが逆にクソっぷりにハマったりする簡単な女なので、知ったらたぶん愛情の量の多少はあれど好きになります。

いや、つまんないなりに面白いところを探せてるだけなのかな。これって好きとは言わないか…?でも「つまんねえな」ってだけの感想になったことはないし…うーん…?

うまく言葉にまとめられませんが、

推しさんの関わるコンテンツはだいたい好きになるけど、まだ知らないものもあるなぁ…時間がもっと欲しい」

って感じでしょうか…。

(引用元のブログ主さんの「好き」の基準がどの程度かわからないので、もしかしたらそんなん好きってレベルじゃないじゃん、となってるかもしれませんすみません)

 

新規のお仕事追ってたら過去のコンテンツって追う時間ないのがなんせ悩みです!!!前もこの話したな?!

あとソシャゲは後からやると昔のものはどうあがいてもコンプできないのが悩み!!

自力じゃもう聴けない推しさんの声ってどれくらいあるんだろう……つらい。

ガチャとか引けないことの方が多いし…やはりガチャは悪い文明…。

 

 

「好き」と言いたいだけなのに。 - 意思あるところに道あり

 

あとこちらの記事も、その視点は自分にはなかったなぁって目から鱗だったので引用させてください!

私が今手紙をたくさん書くのは、今あなたを追ってる「人間」が1人いるよ!っていうお知らせでしかないから、「私」が今あなたを応援しています、って気持ちがあんまりないんですけど、そうか…手紙を個として認識してたら、それが来なくなった時に何か思われる可能性もあるのか、ってハッとさせられました。

いや、顔も覚えることあるんだから手紙も覚えるのって普通か…なんせ読んでくれてると思ってないからなぁ笑

私は未来はどうあれ今のこのパッションを手紙にぶつけてるだけなので、手紙書く元気がなくなるかもしれないってことなんて、極論を言うとどうでもいいかなって思ってます!手紙自体自己満足だし!手紙書いたって推しさんには一銭にもならないしな~!(すぐ金の話する)

気持ちなんていつ何をきっかけに冷めるかわかんないし、心配したってしょうがないです。今が大事です!

でもこれからも追いかけたいし、ずっと追いかけさせてくれる存在であればいいな!

これからも推しさんのいいところをたくさん知る努力をするから、推しさんには気持ちを離させないだけの魅力を発信し続ける努力*3をしてね!って思ってます。

だからこそ、これからの話するときに「ずっと」とか「一生」とかは手紙でもリプライでも直接お話する機会があったとしても絶対使わない言葉だったりします。だって「ずっと応援してます!」とかって正直嘘になっちゃう確率の方が高いでしょ。未来の自分の気持ちなんて今わかんないもん。

だから「今度」を語るのは決まってる事実だけにしてます。次〇〇楽しみだよ~みたいな話ね!

今が楽しいから手紙書くし、手紙送ることで楽しんでるのが推しさんに伝わればもっといいなって思います。

何度も言いますが、読んでるとは思ってないですけど!我ながら頑な!笑

 

認知もそうなんですけど、その状態を継続・維持することに意味を持たせてしまったら、なんか目的がすり替わってしまう気がしちゃうんですよね…

接触イベに行くのは自分が推しさんに会いに行ってちょっとの時間でも直接想いを伝えるためだし、手紙は、作品を消費したり、本人を眺めてるだけじゃ伝わらない感想を伝えるための手段という認識だから、認知し続けてもらうために推しに会いに行ったり、ファンやってる自分のことを知ってもらうために手紙書くのはちょっと違うよなあって思うわけです。

もちろん覚えてもらうってやっぱ嬉しいことだなとは思うし、そういう「自分を個としてみてほしい」って気持ちゼロです!とは断言出来ないですけど、そこを第一目的にしちゃうと、イベント行かなくちゃとか、手紙書かなくちゃって義務になりません?

それって楽しくない気がするんですよね~。

 

人生かけてる趣味だけど、所詮趣味でしかないし、楽しくなきゃ!

 

*1:主に金銭面

*2:というか正しくは後回しになる

*3:ファン対応などのサービスの向上じゃなくて本業でみせる魅力です