白と黒と

チラシの裏

てがみのはなし

 

一度書くと続けて書きたくなる性みたいです。どうもこんにちは。

今日は今更ですが触れてみたかった推しさんへ書くファンレターの話をしたいと思います。

 

cz57.hatenablog.com

 

いろんな方のお手紙の記事、大変楽しく拝見しました。みなさん色々考えてお手紙書かれてるんですねえ…最近やっとまともに手紙を書くオタクになったのでめちゃくちゃ参考にさせていただいています。

引用させていただいた上記の記事のほか、項目はいくつかの記事を参考にさせていただきました~!

 

私は郵送はしたことなくて、イベントのときにプレボに突っ込むスタイルですので以下全部イベントに持っていく手紙の話です~

  

①宛名

一番上の行に、「フルネーム+さま」

封筒の宛名はフルネーム+様です。特に意味はない・・。

字が下手くそを極めていて恥ずかしいので、今後封筒は宛名シール作ろうかなって思ってます。

プレボ入れるときって他の人のお手紙とかが目に入る機会ってあると思うんですけど、自分の字がしぬほど嫌なので箱に突っ込むときはめっちゃ奥のほうに隠しますww

 

②書き出し

「〇〇さん、こんにちは(orこんばんは)!(本名)です。」

こんにちはの部分は、入る公演の時間帯によって変えてるかなあ。すごいどうでもいいこだわりだなこれ。

10通目くらいまでは「何回目のお手紙です」とか書いてたんですけど10通超えたあたりで気持ち悪いな…って我に返ったので書かなくなりました。

 

③内容

最近は、

①今日のイベントへの期待

②前回イベント(と作品イベントであればその作品)の感想

③イベント間にあったラジオとかアニメとかCDの感想

の流れが固定されてきました。

イベント頻度高すぎて参加イベントについて書いたら長くなりすぎてその他の作品の感想言うまでいかなかったりします。クソイベンターが書く手紙極まってる…つらい。

語彙力ないので楽しかった!面白かった!かっこよかった!素敵だった!が頻出単語です。語彙を身に着けたいです…。

こここうしたほうがいい、とかは推しさんに関しては特に出てこないし(この文章書いてて改めて考えたけど何も出てこなかった…笑)「何上から目線で語ってんだ」って話だし、問題があればしかるべき人が言うはずなので書きません。

 

④締め

新しく始まる何かがあったらそれ楽しみにしてます、とか、次は〇〇のイベントで拝見します~みたいなこと書いて、最後にご自愛ください的な文言を入れます。テンプレと化してるけど、本心なので必ず書きます。

季節の変わり目に必ずと言っていいほど風邪をひいておられるようなので言霊の力で元気でいてくれればいいのにな~って思っています(今のところ残念ながら効果ゼロです)

よく物議をかもす「がんばってください」は書いたことないです。もうすでにがんばってるからいらんやろと思います。

あと行けませんが~は死んでも言いません。

まちまちですが、最後の最後に読んでくれたことへの感謝を書いたりします。*1

最後の行に、日付、「(イベントタイトル)にて」、「(フルネーム)より」って書いておしまい。

最初の頃は手紙にも住所書くべきかなって思って書いてたんですけどいらん情報だなと思ってやめました。

手紙の空きスペースがとっても空いてたら書くかもしれないです。(適当)

 

⑤手紙を書く頻度

イベントに参加するたびに書くのを心がけています。

「出席簿代わりだから出席したら出す」っていう方の話聞いてから、「あなた目当ての客が一人来てるよ」の指針として提出しています。

ここ半年?くらいで2回だけさぼりました。3日坊主な私にしては上々です。

 

⑥手紙の量

書き始めた頃は4枚とかいっちゃってたんですが、毎回それは気持ち悪いなって反省して2枚くらいに抑えるように心がけています。

ブログ読んでいただいてる方はわかると思うんですがだらだら文章書いてしまう質なので、中身もないのに長くなりがちです…いつも書き足りない…

携帯のメモ機能にばーって下書きして削ってから清書してます。

 

⑦手紙の種類

いまのところ無印のなんのそっけもないレターパッドと茶色い封筒です。味気ゼロ。

びびっとくる可愛いレターセットとの出会いを待ち望んでいるんですが、なんせたくさん文字が書けて、罫線が入ってて、推しさんみを感じるレターセットに出会えない。

知り合いに毎回封筒自作する方がいて、ただただ尊敬しきりなんですが、そういう凝った封筒に見合う中身が書ける気がしないのでやろうとは思えなくて…。

 

torata-nu.hatenablog.com

 

いつまでたっても理想のレターセットに出会わないので、この記事拝見してからいつかオリジナルの便箋つくってやろうともくろんでいます。

箔押し…めっちゃテンションあがる…いいなあああ…

 

⑧手紙を書く時間と場所

はやめに書きたいんですけど前日の夜か当日新幹線に乗りながら清書とかやりがちです。追い込まれないとできないダメ人間!

携帯のメモ機能に下書き(だいたい1時間強くらい…?)→清書(1時間半くらい)。慣れてきたのかだんだんスピード上がってきました。ささっと書ける人尊敬します…。

新幹線じゃなくて夜行バスで行くときはバスの車中で必死に下書き打って、翌朝か昼ごはんのついでとかにカフェとかファミレスとかの机に向かってこそこそ書きます。

そういえば、使うペンが定まってないのではやく運命のペンにも出会いたいです。最初は書き損じ修正が嫌でフリクション使ってたんですが消せるだけあってあんまりいい発色ではないのでやめました。ミスったら基本は書き直します。時間なかったらちっちゃいシールとかはったりしてごまかします。

本当に急いで書かなきゃいけなかったらまたフリクション使う日もくるかもしれないです。

  

⑨こだわり 

あんまりこだわりってないなぁ…封筒にいつも同じシール貼ってるくらいでしょうか。人とは被らないシールなのでもし推しさんが手紙を見ていれば同じ人が定期的に送りつけてきてるな〜っていうのは認識されてるかもしれないです。

手紙=出席票って感覚と一緒で、お手紙を定期的に書く人間がいるぞっていう意思表示はしたいなあって思ってて…中身は見なくていいから継続して応援しているよ~という気持ちが伝わってほしいなっていう涙ぐましい(=気持ち悪い)努力です笑

あ、どなたかが封筒に書いた日付を書くっておっしゃっていたのを見てから、自分も差出人部分に、名前と日付を書くようになりました。住所はかかないです。

本当に味気もなにもない手紙だから女子!ファンシー!みたいなお手紙に憧れます…が、何度も言ってますが読まれてないと思ってるのであんまりこだわる気にもならない…笑 

 

 

そういえば知り合いに毎回プリクラを貼るって人がいるんですが、デブス極まってる私にはできない芸当だ…!その発想はなかった!!って初めてその話聞いたとき戦慄しました。その子と一緒に撮ったプリクラは彼女の推しさんにみられたんだろうなと思うとなんだかそわそわしますね…。

プリクラに関しては送られる側からたまに言及されたりしますけど、顔なんか興味ねえよって人と、どんな人が書いてるのか知りたいからうれしいとか言う人がいますよね。

推しさんは他人に興味がないタイプの人間らしいので前者かなと思っていますwwツイッターでリプライしてきたアカウントのアイコンがコスプレ画像だったら凝視するとかは言ってたけど…ていうかネットはものすごく見てるのに手紙読んでる気配がないの不思議ですねwwいやそう思ってるのは私だけかもしれないけど!

リプライとかよくする方は手紙でツイッターとかのアカウントとか書いたりするんですかね?ネットの自分とリアルの自分が紐づけされるの嫌だから自分にはできないなあ…覚えてもらおうと思ったらきっと効果的なんでしょうね。

推しさんはエゴサ大好き人間だからガツガツ追ってたら意図せずともいろいろ把握されるんじゃないかって軽く恐怖しています笑

 

昔の推しには誕生日とかの“節目の何か”がない限り手紙をかかない人間だったのですが、定期的に書くと書ける内容の幅も広がって、細かい感想とか書けるようになってきた気がします。うれしい。語彙力はないけど。

手紙の下書きしているとき、推しさんの好ましいと思ってるところを再認識するというか、アウトプットによって自分がどこに惹かれているのか浮き彫りになる?ような感覚があるので、お手紙を書くって素敵な文化だな~って実感しています。

私は凝ったことを一切していないですが、それでもお手紙を書くって結構な時間と手間がかかるから毎回ちょっと大変だなあって思ったりするんですが、書けば書くほど楽しくなってきたのでこれからも書いていきたいです。

 

 

ということで長々しゃべりましたが、この記事をちらっとでも読んでお手紙話をしたくなる方がいればいいな~なんて思います!皆さんのお手紙語りがききたい!

*1:しかし読んでるとは一切思っていないので、書くたびにこの言葉の薄っぺらさヤバいなって我ながらじわじわきている